福野さんのブログ記事がきっかけです。

 

NT金沢でお披露目! 2.4インチ液晶でも大きな文字で見やすい「IchigoJam mobile BIGβ」 鯖江の小学校ではロボットの顔づくり | 福野泰介の一日一創

 

O と − を用いて画面に顔を表現しているわけですが、

IchigoJam であれば、仮想グラフィックを用いると、
もう少し細かい表情が出て、より面白くなるのでは?

と思って、形にしてみました。

 

実行したらキョロキョロしたり、目をつぶったりします。

展示サンプルを想定して、あえて自動にしてあります。

 

数を増やせるように、とも考えたのですが、
すでにプログラムの容量限界が近くなっています。

CHR$() で仮想グラフィックを表現していますが、

代わりに 左 Alt+Shift+0〜9・A〜F を使って、

いろんな顔を作ってみるのも良いでしょう。

 

プログラムの行番号はそのままにして下さい。

GOSUB M と飛び先を変数指定してあります。

 



10 'カオ
20 CLS
30 X=14:Y=18:GOSUB 1000
40 M=RND(4)*100+500
50 X=6:Y=8:GOSUB M
60 X=22:Y=8:GOSUB M
70 WAIT 60*RND(10)
80 GOTO 30
500 LC X,Y
510 ?CHR$(#88,#8F,#8F,#84)
520 LC X,Y+1
530 ?CHR$(#8F,#87,#8B,#8F)
540 LC X,Y+2
550 ?CHR$(#8F,#8D,#8E,#8F)
560 LC X,Y+3
570 ?CHR$(#82,#8F,#8F,#81)
580 RETURN
600 LC X,Y
610 ?CHR$(#88,#8F,#8F,#84)
620 LC X,Y+1
630 ?CHR$(#8F,#8F,#83,#8F)
640 LC X,Y+2
650 ?CHR$(#8F,#8F,#8C,#8F)
660 LC X,Y+3
670 ?CHR$(#82,#8F,#8F,#81)
680 RETURN
700 LC X,Y
710 ?CHR$(#88,#8F,#8F,#84)
720 LC X,Y+1
730 ?CHR$(#8F,#83,#8F,#8F)
740 LC X,Y+2
750 ?CHR$(#8F,#8C,#8F,#8F)
760 LC X,Y+3
770 ?CHR$(#82,#8F,#8F,#81)
780 RETURN
800 LC X,Y
810 ?CHR$(#20,#20,#20,#20)
820 LC X,Y+1
830 ?CHR$(#8C,#8C,#8C,#8C)
840 LC X,Y+2
850 ?CHR$(#83,#83,#83,#83)
860 LC X,Y+3
870 ?CHR$(#20,#20,#20,#20)
880 RETURN
1000 LC X,Y
1010 ?CHR$(#8F,#8F,#8F,#8F)
1020 RETURN

IchigoJam web でプログラムを実行します。

このQRコードはアクセス解析のためにCookieを使用しています。

アクセス解析は匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、
お使いのデバイスのブラウザの設定をご確認ください。

MixJuice ダウンロード ?"MJ GET 15JM.LI/K/592

MicJack ダウンロード ?"MJ GKP 592